車イスブレーキ強化用後付けアタッチメントLockn(ロックン)の販売サイトです。

お問合せ
 
       


       
   



Lockn( ロックン )の特長
 
 


1、 タイヤの空気圧が減ってもブレーキが利く

車イスの後退による 『 尻もち転倒や落下事故 』 の要因の1つは、 [ タイヤの空気量の不足 ] です

車イスのブレーキは一般的にはタイヤを金具で押さえる仕組みになっているため、タイヤの空気圧が減るとブレーキがタイヤを押し付けた際にタイヤが潰れてしまうことでブレーキを押し戻す力が減ってしまうためです。

しかし、Lockn(ロックン)はタイヤの側面を包み込むような形状をしているので、空気圧が減ってタイヤが潰れてしまっても、潰れたタイヤ側面を抑え込むので確実にロックします。


特長を説明する画像


2、 ノーマルのレバー操作感覚を損なわない

空気圧が十分に満たされているときは、Lockn(ロックン)がタイヤに触れることはほとんどないので、ブレーキをかける際のレバーの重さはノーマル時とほぼ同じです


3、 車いす本体への加工が不要

現在使用中の車イスブレーキ( 現在は平型のみ )に加工することなく簡単に取付けることができます。 また、1セット(左右組)72グラムと軽量です。